Main
<< 自分の感覚をわざわざ他人の目で計る必要はないと思うよとかそういう話 桶川のレースクイーン〜か〜わ〜うぃ〜うぃ〜の巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.04.29 Wednesday,
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ボクはここにいるよとかそういう話
昨日の記事に関連した話。
Twitterの今日の発言のまとめ+αになるので重複してます。

昨日は桶川のレースの話を主軸にして書きましたが、
今日は違うとこに目を向けた場合の話。

全日本ロードレース選手権に出ている選手は、
最高峰のレースに出ているという誇りを持ち、
スポーツ選手として高みを目指す走りをすべきだと思います。
昨日は「自分のやってることを他人の目で計る必要はない」
と書きましたが、他人からの目を意識する必要がある立場の人も居ます。

今全日本は人が少なくなって世界に羽ばたける機会も減ったせいか
「価値が低くなった」と平気で言われるようになってきてしまいました。

そう言いたくなる気持ちもわからないでもないんだけど、
選手がその意見に流される必要はないのです。
トップの選手がレースで食えなくなったと言って
競艇やオートレースに行ってしまうことを、
「全日本で活躍するとオートレースに行けるってことは、
全日本はオートレースより下なんだ」
って思うのは違うと思うんですよ。
だってフィギュアスケートでいうところの、
ショーに出るプロスケーターとスポーツ選手との違いだと思うから。
メジャースポーツと違って、スポーツで功績を残した(=残せそう)だからといって
召し抱えてくれる企業も無いから、
確かにスポーツ選手としてご飯が食べられないのは苦しいなと思います。

これは業界側が長年かけて下手こいた結果だと思います。
(私はまだひよっこなのでこういうことをこんな表だった場所で書いたら
怒られてしまいそうなんですが、正直おっかないんですがええいもう書いてしまえ。
もうどうにでもな〜れ★)


選手の中には、
「知名度が低いから自分でプロモーション活動をするのが恥ずかしい」
とかいう人がいるんですが、それはもう間違いです。
考え方が間違ってます。

一人一人が自分はこういう活動をしているんですよって発信しまくってほしい。
笑い話で、
「合コンでバイクレーサーですって言っても食いつきが悪いから、言わない」
って人もいるとか言う話があるんだけど、
それは自分の話術に問題があるのであって、内容は関係無いですよ。
話がつまらんのだ、君の。
どんな話でも面白く人に興味を持って貰えるように話し、
伝えることは可能ですよね。
就職活動の面接で学生が言いそうな言い訳だよね。

子どものうちからレースやってたライダーに関しては、
親御さんがちゃんとマネージメントしないと無理ですよ。
15、6とかの子に社会人と対等に話せったって無理な話です。
プロモーション活動が上手いチームに居られればそれに越したことはないんだろうけど。

ちょっと前に書いたけど、高橋兄弟の壮行会とか行って勉強してみればいいと思う。
青山博一選手、周平選手とかもそうだけど、
お父さんやお母さんも一緒になって地元の人に発信する努力を小さい頃からしてますよ。

山口辰也選手の交通安全キットなんかホントに面白いし、キャッチーだと思う。
GP-monoで活躍してる小室選手だって、
地元の人に知って貰いたくて新聞広告出したりしたんですよ。
ブログランキング上位にいるST600の中山しんたろう選手
地元でのミニバイクレース主催とかだって、なかなかやれるもんじゃないですよ。
素晴らしいと思います。

ここで書ききれないけど、全日本の選手も色んな活動をしてるんですよね。
母校で講演したり、地元のCMに出たりしてる人もいる。
でもそういう外向けの活動をする人って大部分じゃないですよね。
大概既存のモータースポーツファンに対する活動(スクールとかね…)であって、
全く関係無い人向けに何かやってる人って少ないんですよ。
それじゃ勿体無いと思いません?

自分がレース活動をして順位を上げたいってことプラス、
伝えなきゃいけないっていう立場だってことを理解して、
使命感を持つってすごく必要だと私は考えてるんですよ。

選手なんだから今より順位を上げようと努力するのは当たり前で、
それ以外の使命感ね。

桶川もね……もう前々から、
おばあちゃん同じ話何回してんのって言われるレベルで書いてますが、
サーキットをやれる人って数少ないわけでしょ。
だから桶川は何でか私がやる羽目になっちゃったから、
局地的にでも盛り上がる努力をし続けることが使命だと思ってるのよ。
だって桶川が潰れたり廃れたら、この地域の人が走るとこ減っちゃうもの。
私はサーキットをやるってことをね、勿論生活のためにってのが第1だけど、
労働以外の意味を持たせてるのですよ、
じゃないと生きてて殆どの時間をこれに費やしてるのにつまんないもの。

今前ほどチラシ作ったりするのも高くないし、
何よりネット使えばタダ同然で皆に見て貰えるじゃないですか。
だから選手側、チーム側ももっとそういう活動に力を入れればいいんじゃないですかね。

例えばタダで始められるTwitterだけど、
前にSUGOのレース前に私が鎌田のことを岩手県知事にツイートしたんですよ。
知って下さいって。
岩手県知事さんはフォロワーが6000人くらいなんだけど(あれ前はもっといたような??あれ??)、それをリツイートしてくれたんですよ。
(リツイート=自分の発言として挙げ直すことね)
そしたら、知事さんのフォロワー中の何人もがそれを見てまたリツイートしてくれたわけです。
そうすると鎌田の地元の岩手県の人数千人が名前を見てくれたわけじゃないですか。
で、その前後に地元の新聞に載せて貰ったこと、地元のスポーツ雑誌に載せてもらったこととか色々あって、少しだけど実際にSUGOのレースに足を運んでくれた人がいたんです。
モータースポーツ関係ないところからですよ。
でもこれも、自分から動いていかなければ誰も
鎌田がレースやってるなんて知らなかったんです。


知ってる人や関心を持つ人が増えると、
勝手に価値があがるじゃないですか。
知ってる人が増えれば簡単に食えるようになるよ。
例えばタレントなんて「テレビに出て多くの人が知ってる」ってだけでご飯食べてるんだよ。
俳優や歌手みたいになんか芸があるわけでもないのに
知られているというだけでお金が稼げるんだよ。
もともとモータースポーツに関心がない人はレースを観に来てないんだから、
レースだけで活躍しても、それは人に知られなくても当たり前です。
卑屈になる必要はないんです。

J-GP3のチャンピオンの大久保光選手のブログに、
バイクレーサーの知名度についての記事があります。

多くの人が読んで共感したと思います。
光が偉いなって思ったのは、
ちゃんと自分で知って貰う活動をしようっていう結論で締めてること。
頑張ってほしいね。皆見てるから。

でも実際、モータースポーツだけが知名度が低く
不当な扱いを受けてるわけじゃないですもんね。
(だからこの件で酷い!不当だ!とか言うのはちょっと違うかな、という気がする。
感情的にならず大久保選手が書いてる内容をもっとよーく読んでほしい。)

だって私アイスホッケーの全日本とか全く詳しくないですもん。
フェンシングの太田選手もオリンピックで銀メダル取るまで
仕事が無く苦労したって有名ですもんね。

もしかしたら、現状がモータースポーツの本来の姿なんじゃないですかね。
前がバブリーだっただけじゃないスかね。
昔、流行ってた頃に8耐や全日本を観に行った経験がある人ってたくさんいるわけです。
でも今その人達が観に行かなくなってる理由がきっとあるわけじゃないですか。
各関係者さんたち(当事者といったほうがいいのかな)が、
知って貰う活動を今こそすべきときなんでしょうね。


タイムリーな出来事:

今日は江紀ちゃんが雑誌「タンデムスタイル」の取材を受けてました。

IMG_5075.jpg
多分次号掲載かな??みんな是非買ってね!!

あと本日の岩手日日新聞の朝刊に鎌田くんの記事が掲載されたそうです。


web版がこちらから見られます。
地元の方からご連絡いただきました。

みなさんありがとうございます!



ブログランキングに投票おねがいします!
ワンクリしてクリクリ(←茶魔語)



2011.01.19 Wednesday,16:31
| マリンバの中の人 サエコ | ながい | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
2015.04.29 Wednesday,16:31
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |