スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.04.29 Wednesday,
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
桶川の昔話(2006年3月の記事をひっぱりだして再掲載)
2006年3月に惑星マリンバというブログが始まったときの第一回目の記事です。
どういう経緯で素人の私がサーキットを経営することになったかが書いてあります。

さて第1回の今日は、

桶川スポーツランドの歴史から始めてみようかと思います。
創業ウン十年…とかいうわけではないので
あんまり語る歴史もないのですが、
結構波乱万丈なサーキットなもんですから
面白い出来事は満載です。

↓の写真はうちのコースを作っているところの写真です。


桶川スポーツランドは埼玉にあるミニバイクとかカートとか
大型バイクとかたまにクルマが走ったりするサーキットです。
近所の人は(上尾とか川島とか)に住んでる人は
ブンブン音が聞こえるかもしれないですね。
営業内容はHPがあるのでそこを見てもらえばわかるかと思うのでosl.inをご覧下さい。


歴史は結構古くてだいたい1991年6月くらいにオープン。
そのころのスタッフがほとんど周りにいないので
詳しいことがわからないのですが
写真が出てきたのでそれを見つつ、
話を人に聞きつつ○○だろうなぁ〜見たいな感じで
書きますので間違ってたらごめんなさい。

もともと私の父がラジコン好きで、
そういうサーキットを作ろうと思ったらしいのですが
いつのまにやら普通の人間が走れるサーキットになったようです。
父はこの仕事に就く前は家とかビルとかの建築士だったので、
コースのレイアウト考えて自分で図面引いて作ってもらったようです。
(お気づきの方も多いでしょうが、
うちのコースは「OSL」をかたどっているんです。)


そのころちまたはバイクブームとかいうステキな波が来ていたらしく、
お客さんもハンパじゃない人数だったとか。
レースも台数が異常で、予選落ちだの2日開催だのしていたようです。
この頃バイクレースをしていた人に聞くと
みんなこんな事を言うので本当なんでしょうね。
桶川塾が始まったのもこのころ。1期生は今野由寛くんでした。
自分と同じような子がこういう事をやっている子がいるんだぁ〜…と
驚いたのをよく覚えています。(今野くんと私は同じ歳なんです)

カートのレースが始まったのはもうちょっと後じゃないかと思うのですが
ちょっとはっきりしないので、
後ほどカートのショップさんに聞いてみようかと思います。
実はこの間、1991〜1995年ころの写真がもりもり出てきたので、
見てみたい人は事務所で言ってください。
で、私に昔話を教えてくださいね。

2000年秋ころ、4輪が走るようになり、
桶川スポーツランドの形態がだいぶ変わってきます。
色々な方面からのお客さんが来るのはいいことだけど、
コースのメンテナンス(掃除含む)をろくにしないおかげで路面は傷む一方。
バイク、カートのお客さんがどんどん減ってしまったようです。
コースの端はタイヤカスで真っ黒、路面は泥でものすごかったらしいです。
経営難から貸切ばっかり入れてしまい、フリー走行の日が少なかったとか。
そりゃお客さんも減るよね。

次の年(2001年)、父が膵臓癌になり入院、11月23日に亡くなりました。
今思えば、亡くなる1年前くらいから様子が変でしたね。
今まで私に怒ったことなんかなかったのにこの頃は人が変わったように
怒鳴ったりして、いらいらしているようでした。
私に癌だってことを余命1ヶ月だと宣告されるまで言わなかったので、
私にとっては急でした。
父が亡くなったあと、このサーキットを誰が継ぐのか揉めに揉めて、
結局私が跡をまかされることになり、今に至ります。
私にはその当時勉強していることがあったし夢もあったので、
どうしてもサーキットをやるのは考えられなかったのですが、
当時スタッフだった人が自分に経営権を譲れと裁判を起こしたり、
父個人の借金がものすごかったので、
安くサーキットの経営権を他の人に売って借金を返すように
迫られたり、脅迫されたり家まであとを付けられたりなど
怖い思いをたくさんしたおかげで、
逆に「誰にも父のサーキットを渡したくない」と思って
受け継ぐことを決意しました。

この頃はもうメチャクチャで、
スタッフに売り上げを盗まれたりレンタルカート用の車両を盗まれたり、
嫌がらせで、父の私物も隠されて燃やされてしまったりしました。
「桶川スポーツランドは閉鎖しました」
というビラを撒かれたこともありました。
私は当時学生で、
通っていたデザインを学ぶ専門学校に就職が決まっていたので、
2002年は母が一人でサーキットを守ってくれました。

翌年、全くの素人の私が桶川スポーツランドの社長として働き始めました。
こういうところで働くのは初めてで何もわからなかったので、
母とスタッフとお客さんに聞きまくって受付からはじめました。
最初は恥ずかしくてちゃんと接客が出来なくて
本当に感じの悪い受付だったとみなさんが思ってたと思います。
だって実際言われたことあるし……。
最近は昔に比べてだいぶよくなったんじゃないでしょうか……。
11月になぜか放火に遭い、桶川スポーツランドの事務所全焼。
燃えた次の日もコースは無事だったので、営業しました。
犯人が見つかってないので、知ってる方がいたらこっそり教えてください。

そして現在の雰囲気になってきたのが、2004年。
レースの参加台数も戻ってきて、
何より一般フリー走行の台数が増えました。
昔のお客さんもコースに戻ってきてくれるようになり、
寂しい桶川からだんだん良くなっていきました。
これは今のスタッフが、4輪がコースに入っても頑張って
綺麗に掃除をしてくれるからだし、
お客さんがうちに暖かい気持ちで接してくれるからだと思ってます。
素人しゃちょう&未熟者なので皆さんがいらいらする
場面も多々あると思います。
ご迷惑お掛けしますがこれからも桶川をよろしくお願いします。

ブログ再開一発目から辛気臭い話で申し訳ないです…
2006.03.01 Wednesday,12:25
| マリンバの中の人 サエコ | 昔の話 | - | - | pookmark |